‘This & That’

あなたの毎日を今よりもちょっとだけ「育てる」情報紹介サイト
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SEARCH
Net-shop
Medical news
TV hot item
Social contribution site
Qualification
N-MEネイル通信アカデミー

美容と癒しのスクールならビューティー資格ナビ! 美容と癒しのスクールならビューティー資格ナビ!

ケア人材バンク

ナース人材バンク



LINKS
<< 糖尿病+リュウマチで悩んでいた人が効果を実感した桑と抹茶の健康飲料“神仙桑抹茶ゴールド”と“桑抹茶コラーゲン” | main | 幻想的な癒しのアクアリウム『レガーロ』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【注】記事中の変色部分は「抜粋文」です。
| - | - | - |
『ハーブコーディネーター養成講座・薬草ガーデン講座』 自分の庭をハーブ&薬草ガーデンに! 趣味と実益を兼ね、開業の道も開けるガーデニング講座

ハーブコーディネーター養成講座・薬草ガーデン講座

ハーブコーディネーター養成講座・薬草ガーデン講座


今、最も注目されている庭造りは、美しい薬草を取り入れた「薬草ガーデン」です。
「薬草」の育て方から利用法までマスターできます。
心と体を癒す庭つくり、始めてみませんか?



最近では「盆栽ブーム」に押されつつある感もありますが、ガーデニングの中で根強い人気を誇っているのは「ハーブ栽培」だと思います。
私もハーブに凝った時期があって(今はローズマリーだけですけど)、香りは勿論最高!で、花もとても可愛いし、料理などにも使えるし、何よりも色々な「効能」があるのが良いですよねw


ところで「ハーブガーデン」は耳慣れていますが、「薬草ガーデン」って聞いたことありますか?

「ハーブ栽培」は知識も増えて、綺麗に育てることができるようになった。
そしてさらに「ハーブ」から一歩すすんで、何かと役に立つ「薬草」をレイアウトした綺麗な庭やベランダって、作ってみたい!
そう考える人が増えてきているそうですw

そんな人たちにおすすめの講座が「薬草ガーデン講座」です。
薬草ガーデン講座」では、鑑賞価値があって、利用しやすい薬用植物をチョイスして その「栽培方法」や「薬効」を学習することができちゃうんですよ♪
「ハーブ」に続いて「薬草」栽培&ガーデニング方法もクリアしたい方におすすめです!



「薬草ガーデニン」とは?

 「ガーデニング」の起源は、ヨーロッパの貴族の館や修道院で、
 身体に良い「薬草」を何種類も植えていたことに始まると言われます。
 実際、「ハーブガーデン」によく使われる「ラベンダー」「カモマイル」などは、
 いずれも重要な薬草で、最近では「メディカルハーブ」とも言われています。

 また、日本のお庭でよく見かける「ボタン」「シャクヤク」「クチナシ」なども、
 最初は「薬草」として日本に導入され、次第に庭に植えて花を愛でるようになりました。
 日本原産の「キキョウ」や「リンドウ」なども、もともとは「薬草」であったものが
 園芸化された歴史があります。

 このように、もともと「身体を癒す目的」で植えられていた植物が、次第に見せ方にも
 こだわるようになり、現在のような美しい「ガーデニング」に発展していったのでしょう。

 「薬草ガーデン」は、園芸の原点である「薬草」をガーデニングに取り入れることで、
 「身体の癒し」と美しさによる「心の癒し」の両方を兼ね備えたお庭です。
 まさに、さまざまなストレスを抱えている現代人に最適のお庭と言えるでしょう。



ガーデニングの本場イギリスでは、自宅の「ハーブガーデン」で栽培した「薬草」を、毎日の料理に使ったり、「お茶」「化粧品」「石鹸」にしたりと、いろいろな方法で「健康」と「美容」に役立てています。

病院に行くほどではないけれど、「ストレス」を感じたり「体調」が思わしくない時などに、自分で「薬草」などを利用して健康管理を行うことを「セルフメディケーション」と言うそうです。

ヨーロッパやアメリカでは数百年以前から「セルフメディケーション」がすでに浸透していて、毎日の生活の中に「薬草」を上手に取り入れて活用しています。
日本のように保険制度に恵まれている(諸々の問題はあるにしても)国ばかりではない・・・ということもありますが、それ以上に「自分の健康を自分で守る」という意識が強いからなんでしょうね。

自分の庭やベランダなどのスペースを利用して「薬草」を育てるのはとても楽しいですw
私も「ローズマリー」を育てていて思いますが、いつでも「料理」などの一工夫に使えちゃうし、好きな時に「ハーブオイル」を作ったりできるので便利です。

ガーデニングを楽しみながら、その中にさり気なく「薬草」が混じっているなんて、とってもお洒落ですよね〜☆
それに、いつでも「薬草」のもつ「自然治癒力」の恩恵を受けた「セルフメディケーション」を実践することができて センスと便利さで一石二鳥です。
そんなことが自宅で出来たら・・・ とっても素敵ですよね♪



「ハーブ」と「薬草」の違いとは?

ところで「薬草」のことってよくご存知ですか?
あまり知識のない人がほとんどじゃないかと思います。
私も「ハーブ」ならある程度知識がありますが、「薬草」となるとちょっと・・・。
でもそれ以前に「ハーブ」と「薬草」ってどう違うの??


 「薬草」と一言にいっても、日本や西洋で古くから伝わり「民間薬」に使われて
 いるもの、「漢方薬」として用いられているものなど、実に様々でたくさんの
 種類があります。


「ハーブ」も「薬草」も、それぞれの持つ「薬効」を活用していくものなのは同じのようです。
でも、「ハーブ」は「香り」をとっても重視・・・というか、大切にしていますよね?
「アロマ」などでもわかるように、香りも効能の1つとして考えられていると思います。

比べて「薬草」は苦味が強いものが多いみたいですが、これは昔から言われる「良薬口に苦し」でもよくわかりますよね(笑)



「薬草ガーデン講座」とは?

 薬草ガーデン講座」では、薬草を取り入れながら、美しいお庭を
 造る方法が学べます。
 さまざまな「ガーデンスタイル」の造り方を解説しているので、あなたのお庭に
 ぴったりの「薬草ガーデン」が造れるようになります。

 例えば、「ラベンダー」「カモマイル」「タイム」「セージ」「エキネシア」「アロエ
 「ターメリック(ウコン)」など、「ハーブ」を多く取り入れた「ハーブガーデン」。

 「キキョウ」「リンドウ」「ショウブ」「ヨモギ」「ゲンノショウコ」「クコ」など、
 日本や漢方の「薬草」を取り入れた「和風ガーデン」。

 そのほか、日陰でも育つ薬草を取り入れた「シャドーガーデン」や、お庭のない方でも
 楽しめる「ベランダガーデン」の造り方も学べます。

 あなたが利用してみたい「薬草」をたくさん取り入れて、素敵なお庭を造りましょう。
 庭造りの基礎から詳しく解説しているので、本格的な庭造りをされたことのない方でも
 やさしく身につきます。



「薬草」の利用方法には、「煎じて飲む」方法から「薬用酒」「お茶」「入浴剤」「薬膳料理」「スキンケア用品」などなど、様々な活用方法があるんですよ。
つまり、「ハーブ」と同じような利用方法ができるってことですねw

薬草ガーデン講座」では、これらの活用方法を沢山の「図解」入りで詳しく学ぶことができます。
だから、すぐに毎日の生活に生かせるようになるんです。



ハーブコーディネーター養成講座」を受講された方たちは、「ハーブ教室の指導」をされたり、ハーブティーが楽しめる「喫茶店」を開業されたりして大活躍されています。
さらに「ハーブコーディネーター」の知識をいかして、「ハーブのお料理教室」を始めている人などもいます。

本格的な「ハーブ」の知識を持って開業しているお店だからこそ、テレビやラジオ、雑誌などでも紹介されたりしてるそうですよw



どうせ「ガーデニング」を楽しむなら、「健康」と「美容」に役立つ「薬草ガーデン」をつくってみると、きっと楽しいと思います。

 薬草ガーデン講座」では、「薬草(メディカルハーブ)ガーデン」
 を「造る方法」と健康維持・美容促進のための「薬草活用法」が楽しく身につきます。
 あなたのお庭が美しくなり、さらに自分で栽培する新鮮な「薬草」を、あなた自身や
 ご家族、ご友人の健康と美容に役立てられるという二重の喜びを得ることができます。
 そして何よりも「自然の恵み」とともに生きているという充実感と癒しが、あなたの
 心を健やかにしてくれるでしょう。




ハーブコーディネーター養成講座」「薬草ガーデン講座」「ガーデニング講座」「花咲き実なる園芸講座」「盆栽技能講座」「山野草講座」などなど・・・
ガーデニング関係の沢山の講座があって、それらの講座資料を「無料」で請求することができちゃいますw

私としては、ハーブ講座は結構いろいろとあると思うので「薬草ガーデン講座」と「山菜・きのこ講座」に一番興味をそそられています♪

その他にも様々な講座がありますので、いちどチェックしてみてくださいね!



山菜・きのこ講座

山菜・きのこの中で、食味のよいものだけを重点に選び、その見つけ方、採り方が詳しく学べます。
食べられるものの中でも、見分けやすい種類に限定し、分布や生育地、生態学的な特徴などをわかりやすく解説していますので、安心して「山菜・きのこ狩り」が楽しめます。

また、「採集時の服装や用具の使い方」「上手な採取の方法」「持ち帰り方」などが学べ、自然保護や資源保全に基づいた「正しい採集の仕方」が身につきます。

さらに、新鮮な山の幸が存分に味わえる「本格的な調理法」が学べ、伝統的な「和風料理」「中華」「欧風」「エスニック」と多彩なメニューが楽しめます。





ハーブコーディネーター養成講座・薬草ガーデン講座

ハーブコーディネーター養成講座・薬草ガーデン講座
【注】記事中の変色部分は「抜粋文」です。
| [自分を育てる]資格を取る | - | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
【注】記事中の変色部分は「抜粋文」です。
| - | - | - |
url: http://this-that.jugem.jp/trackback/433
TBを頂き承認させていただいた場合は、こちらからもTBさせていただきます。
TBの受付機能のないサイトからのTB、あまりにも記事の内容と違っているTB、
その他の理由により、こちらの判断で削除させていただくことがあります。
申し訳ありませんがご了承ください。
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/11/01 11:37 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/08/08 5:25 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/08/28 9:27 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/08/28 11:09 PM |