‘This & That’

あなたの毎日を今よりもちょっとだけ「育てる」情報紹介サイト
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SEARCH
Net-shop
Medical news
TV hot item
Social contribution site
Qualification
N-MEネイル通信アカデミー

美容と癒しのスクールならビューティー資格ナビ! 美容と癒しのスクールならビューティー資格ナビ!

ケア人材バンク

ナース人材バンク



LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【注】記事中の変色部分は「抜粋文」です。
| - | - | - |
「YES」「NO」がハッキリ分かる振り子占い“ハートのペンデュラム”

振り子占い ハートのペンデュラム

振り子占い ハートのペンデュラム

ペンデュラムは、質問に対する振り子運動の反応によって答えを導き出すダウジング・ツール! 
最も手軽でポピュラーなダウジング・ツールの一つです。
説明書のなかにある、ボードの上にぶらさげて……。
不思議と答えに向かって動き始めるのです!


ダウンジングといえば、主に地下の水脈や鉱脈を探し出すために行われていたと言われていますね。
現在では、探し物はもちろん、様々な事柄について調べたり占ったりする道具として、多くの人々に利用され続けているそうです。


振り子占い ハートのペンデュラム

振り子占い ハートのペンデュラム

この“ハートのペンデュラム”は、振り子占いです。
上のように説明書の中にあるボードの上にぶら下げて質問をすることで あなたの知りたいことの答えを教えてくれるんです。

「YES」「NO」の答えがハッキリと知りたい時に使ってみてくださいねw
きっと迷いが断ち切れると思います。

⇒振り子占い ハートのペンデュラム
振り子占い ハートのペンデュラム


ちょっとタイプ違いで“アメジストのペンデュラム”もありますよ。
勿論、占いツール付きです☆


振り子占い アメジストのペンデュラム

振り子占い アメジストのペンデュラム

振り子占い・恋占いにも!アメジストのペンデュラム
振り子占い アメジストのペンデュラム



幸運グッズ、占い、おまじない アゲコレ

幸運グッズ、占い、おまじない アゲコレ
【注】記事中の変色部分は「抜粋文」です。
| [運気を育てる]占いグッズ | comments(0) | trackbacks(0) |
魔術文字の刻まれた不思議な石 “ルーンストーン”

ルーンストーン

ルーンストーン

魔術的なアルファベット文字「ルーン」は、北欧神話によれば古代スカジナビアの神オーディンによって生み出されたといいます。
現在、ルーンは占いの道具として用いたり、護符やお守りとして携帯して使用されたりしています。
占いで用いるルーンは主に様々な意味を持った24のルーン文字に、ブランク・ルーンと呼ばれる空白のルーンを加えた25の石が用いられます。
説明書とポーチがついているので、初めての方でも十分に楽しんでいただけます。


「ルーン文字」って、子供の頃に読んだ漫画なんかでちょくちょく出てきてたのを覚えてます。
何か特別な不思議な力を持った文字だっていうのは分かってましたが、こうやって手に入れることが出来るものだとは思ってなかったです。

ちゃんと使い方の説明書がついてるので、初めてだって安心ですね♪



幸運グッズ 占い おまじない アゲコレ

幸運グッズ 占い おまじない アゲコレ


ルーンストーンにも色々あるようで、アメジストのルーンストーンやクリアクォーツのもの、可愛いローズクォーツのルーンストーンもあります。ちょっと変わったのではオークの枝で作られたものや骨で出来たルーンストーンもあります。
石にはそれぞれのパワーがあるし、自分のインスピレーションで石を選ぶと良いかもしれませんねw


ルーンストーン1≪ルーン・セット・アメジスト≫ルーンストーン1≪ルーン・セット・アメジスト≫
ルーンストーン6≪ルーン・セット・ルチルクォーツ≫ルーンストーン6≪ルーン・セット・ルチルクォーツ≫
ルーンストーン10≪ルーン・セット・オーク≫ルーンストーン10≪ルーン・セット・オーク≫


⇒魔術文字の刻まれた不思議な石 ルーンストーン




【注】記事中の変色部分は「抜粋文」です。
| [運気を育てる]占いグッズ | comments(0) | trackbacks(0) |
自己のインスピレーションを呼び覚ます図柄を選ぶ“タロットカード”
   ★タロットカード/    クラシック

私がタロットカードを始めて手にしたのは中学生の時でした。
元々、占いは大好きでしたが 何故タロットカードを知ったのか・・・
あまりよく覚えてないんですが、確かその頃に読んでた推理小説か何かの中で、タロットカードの中でも最も凶のカード“タワー”が出てくる場面があったんだったと思います。
挿絵でタロットカードの“タワー”が描かれてて、それがすっごく強烈に印象に残ってたんだと思います。

そしてたまたま百貨店かどこかでタロットカードを見かけて どうしても欲しくなって使い方も分からないままに購入したのが最初でした。
「使い方が分からない」と言っても占いに使うものだってことくらいは知ってましたけどね(笑)

そこからタロットの勉強をして 人に頼まれたら占ってみたり、自分でも占ってみたりしてました。
その時に購入したのが1番上の画像と同じもので“クラシック”という名称のカードです。
でも結局、高校生の時にタロットに興味があるっていう友達と仲良くなって、その子にカードをあげてしまいました。

どうしてあげちゃったかって言うと・・・ 別に興味がなくなったとかそんなんじゃありません。
理由は「自分のことを占えなかった」からです。
どういう意味かって?
これは私の気のせいなのかもしれませんが、占う時にカードを切りますよね。
これをしてる間は神経を集中して、でも雑念を持たないようにして占いたい内容を思い浮かべるんですが 何故だか自分が出て欲しいと願ってるとおりに結果が出ちゃうんです。
嬉しいと言えば嬉しいことですが、願ってるとおりに出たんではなんの意味も無いですもんね〜(笑)
それで実際にはどうかっていうと「当たってない」んですね。
もしかしたら私のやり方が悪くて、カードを切る時に無心になってるつもりが逆に「念」を込めちゃってたりしてるのかもしれませんけど(笑)

それじゃあ、占ってあげた相手の結果はって言ったら それはどうなのか分かりません。
高校生の頃の話ですから 占ってって頼まれる内容も「好きな相手は自分をどう思ってるか?」とかばっかりですから、告白でもしない限りほんとのところは分からないですもんね。

って言いながらも、実は今も1組タロットカードを持ってます(なんでやねん!)
手放したものの、その数年後にはやっぱりまた欲しくなっちゃってお店で探して購入しました。
それが下のカードと同じで“IJJスイス”です。
これは解説書とセットになってるのを購入しました。
でも今でもやっぱり最初のカードの方が好きだったりするから不思議です。


   ★タロットカード/    IJJスイス

そしてこのサイトで、今でも同じセットのものが売られてるのを知って ちょっと嬉しい気分になってます♪

   ★タロットカード/    IJJタロットセット/New!

お店ではなかなかタロットカードって売ってないし、あっても限られた種類しか置かれてないですが 実は凄い数の種類があるってことが分かりました。
多分 何百はあるんでしょうね〜 凄いです!


   ★タロットカード/    ウイッチズ

上は“ウイッチズ”というタロットカードですが、映画の“007”で昔使われたカードです。
私も映画を観たのでこのカードに憧れてたんですが、今回初めて発見することができましたw

タロットカードは全部で78枚ありますが “大アルカナカード”と“小アルカナカード”があって、大アルカナが22枚・小アルカナが56枚あります。この小アルカナがトランプの元になってます。
「4枚多いぞ」って思われるかもしれませんが、小アルカナは1〜10と“ナイト”“クイーン”“キング”と“ペイジ”があるので4種14枚になってます。

私は大アルカナを使う最もポピュラーな方法しかやったことがないですが(真ん中にクロスして置き、その周囲に4枚と右横に縦に4枚並べる方法)
占い方には色々ありますので 調べてみると面白いと思います。

暫く前に、久しぶりにタロットカードを手にしてみました。
そして念じながらカードを切って1枚引いてみると、引いたカードは“愚者の逆位置”でした。
意味は「誤りに気づく」「目的のある旅」「次の目的のための離職」などです。
何を念じてみたかっていうと「今の会社は私にってどうなのか?」です。
・・・ これも私の思ってるとおりが出た事になりますが、思ってることが出ただけなのか それとも事実を表しているのか?
う〜ん・・・ なかなか思い悩むところですね(='m')



⇒世界の人気タロットカード




【注】記事中の変色部分は「抜粋文」です。
| [運気を育てる]占いグッズ | comments(0) | trackbacks(0) |