‘This & That’

あなたの毎日を今よりもちょっとだけ「育てる」情報紹介サイト
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH
Net-shop
Medical news
TV hot item
Social contribution site
Qualification
N-MEネイル通信アカデミー

美容と癒しのスクールならビューティー資格ナビ! 美容と癒しのスクールならビューティー資格ナビ!

ケア人材バンク

ナース人材バンク



LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【注】記事中の変色部分は「抜粋文」です。
| - | - | - |
『フラワーハウス』 道具不要で簡単組み立て! 女性でも超簡単につくれる温室



簡単に組み立てられる温室も色々ありますが、この「フラワーハウス」は1坪あって、人が楽々入れるサイズがあって、しかも簡単に組み立てられるスグレモノですw


 フラワーハウス」は簡単に設置する事ができる自立型のガーデニングスペースで、
 内部に補強ポールを組み立てることで更に丈夫な構造となっています。
 前後にドアがあり、ジッパーで簡単に開閉できます。
 春先の時期、ドアを開閉することで植物に寒暖の気候を慣れさせることもできます。
 網付き二重構造により換気も抜群。
 ホースやコードを通すフラップが4カ所ありますので作業もラクラク。
 花、熱帯植物、野菜、果物、ハーブなど、さまざまな栽培に適しています。




これだけの大きさのある温室で、これだけ簡単に組み立てられる温室は珍しいと思います♪
勿論、軽量設計ですが、温室で軽量設計となると心配なのが「風に飛ばされちゃったりしないの?」ってことですよね?
でもその点も、この「フラワーハウス」なら安心です!
ちゃ〜んと固定用の杭がセットになっていて、しっかりと地面に温室を固定することができます。

男の人の手を借りることはできないけど、だけど中に入れるくらいのサイズの温室が欲しいと思っていた人には最適ですw

長雨に弱い植物や、冬の寒さに弱い植物など、そんなデリケートな植物たちを元気に育てることのできる温室。
フラワーハウス」で、簡単にそんな温室を手に入れてくださいね!



送料無料!フラワーハウス一坪用


【注】記事中の変色部分は「抜粋文」です。
| [植物を育てる]温室・フレーム | comments(0) | trackbacks(0) |
密封性ではピカイチのお手頃ミニビニール温室
◎NEWパンジー

これ、うちにもあるんですが密封性はほんとにダントツです。
他でも書きましたがサボテン栽培が趣味の私には温度の確保というのはとても大切です。
温度・湿度の確保=密封性になってきますよね。

私がこのミニ温室で栽培しているサボテンは高温と高湿度を好む種類です。
高温といっても40度を大きく上回る温度で湿度が高いと大変なので、温度と湿度の管理をちゃんとしながらファスナーの開け具合で調整してるんですけどね。

でも、とにかく湿度を好む種類にとってはとても良い環境になるようで沢山の花を咲かせてくれますし機嫌良く成長してくれてますw



【注】記事中の変色部分は「抜粋文」です。
| [植物を育てる]温室・フレーム | comments(0) | trackbacks(0) |
折りたためる本格ガラス張り温室
小型温室FGO-450S

私はこの数年、主にベランダでサボテン栽培を満喫してます。マンションのベランダと言ってもスペースには恵まれている方だと思います。
スチールラックとミニ温室が合わせて6個、それから自作の棚があるのでそれも入れると9個の大小の温室がベランダにあることになります。

栽培しているのがサボテンなので、普通に棚で管理するのでは温度が不足してしまいます。ですので、それぞれ専用のカバーや自作のカバーを製作してかけています。
温度を上昇させる目的の他に、雨から守る目的もあります。

サボテンと言っても、よくホームセンターなどで見かけるのは日本に導入されている種類の中のほんの一部でしかありません。
比較的日本の風土に適応して栽培しやすくなっているものが売られています。
でも数千種あるサボテンの中には、雨が掛かることで潅水管理が出来なくなり根腐れを起こしてしまうものが多数あるんです。
種類にもよりますが 出来れば人工的に用土の水分量を調節するためにも雨が掛からない日当たりの良い環境を作ってやる方が綺麗に安全に栽培することが出来ます。

サボテン栽培を始めた頃は、飽き性なのでいったいいつまで続くか分からないと思っていたので 高価なガラス張りの温室には手を出せませんでした。
ですのでラックなどを利用して今に至ってるんですが、やはりビニールは汚れや痛みのために日光の透過性が落ちてしまいがちですし そろそろガラス張りの温室が欲しいな〜って思うようになってきました。

ガラスの温室で軒下用や室内用、屋外用などの比較的手頃なものは縦長タイプが多いですよね。
でも上の画像の温室は高さが120センチで、幅と奥行きもタップリあるのが魅力だなぁ〜って思います。
とにかく日照が欲しいので縦長タイプは好ましくないんです。 ・・・あくまでサボテン栽培には、ですけど(='m')

そして凄いって思ったのが、もしも使わなくなったら折りたたんで収納できてしまう温室だってところです。そんな温室ってなかなかないと思いますw
折りたためるくらいだから、組み立てる必要もなくて開くだけで良いんですよ〜!

コンセントも2個ついてて、専用のキャスターが付けられます。
嬉しいのは育成灯やサーモヒーターも設置できて、しかも他社製でも利用OKなんです♪勿論、専用のものもありますが 手持ちの物を利用できるのは便利で助かりますよね。

幅80センチ、奥行き45センチは今あるラックのサイズと同等なのでうちのベランダにも楽に設置できます。
ミニ温室が駄目になったらこれを導入することを考えようって思います☆


【注】記事中の変色部分は「抜粋文」です。
| [植物を育てる]温室・フレーム | comments(0) | trackbacks(0) |